金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

追加入金によってレバレッジを下げられるのでネット取引の方が有利

FXでの売買は、実はインターネットを用いなくても問題無い事があります。なぜなら一部の金融会社では、アナログの方法で売買ができるスタイルを採用しているからです。 そもそもこの投資商品は、実は電話でも取引できるケースがあるのですね。一部の会社では、対面取引というシステムを採用しているのですね、そこでは何もインターネットを使う必要はありません。電話で金融会社に発注すれば特に問題はないからです。

ところが、実はそのやり方には大きな問題点が1つあります。いざという時の入金が遅れてしまう可能性があるのです。 FXでリスクを減らす為には、レバレッジを低下させる方法があるでしょう。例えば現在の含み損が100万円だとして、金融会社に預けている資金が1,000万円ぐらいだとします。それでだんだんと含み損が拡大してきて、とうとう150万などになってしまったとしましょう。

それは、大いにあり得る話なのです。 ところが上記の事例で1,000万円を、追加入金で増やす事もできるのですね。いわゆる追加の入金を行う事で、2,000万円などに増やせるケースもあるでしょう。 ところがその場合は、スピードが求められる事があるのです。上記のように100万円が150万の含み損になるのは、本当にスピーディーに進む事があります。数年前の金融ショックのような事態が生じれば、それで一気に200万などに拡大してしまう事もある訳です。

ですので業者に追加入金する時には、とにかくスピードが求められる事もあります。 それで対面取引などの方法の場合は、その入金までに多少の時間を要するのですね。銀行の営業時間などにによる影響が大きいので、結局は翌日になってしまうケースも珍しくありません。

その間にロスカットが発生すると、大変なことになるでしょう。 ところがネットによる入金の場合は、それが非常にスピーディーなのですね。ですので追加入金でレバレッジを下げたいと思う時には、やはりネットを用いてFXができる方が、個人的には有利だと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ