金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

住所を変更した時には金融会社に伝える方が良いのか

金融関連の会社での口座を作っているとなると、たまに業者に対する連絡が必要になります。特に引っ越し手続きを行った時には、それが必要なケースが多々ある訳です。 銀行で口座を保有している方々の場合は、必ずと言って良いほど手続きが必要になってくるでしょう。

例えば銀行で登録した住所がAだったとします。それである時に、Bという場所に引っ越しをしたとしましょう。その場合は、銀行に対してはBの情報を伝える必要があるのです。いわゆる住所変更の情報を、銀行に伝えなければなりません。その際に、身分証明書などを改めて提示しなければならない事も多いのですね。

ところでFXも、銀行と同じく金融関連の商品の1つになります。ですのでその商品で売買を行う上でも、やはり引っ越しを行った時には、住所変更の連絡が必要なのかと思われるかもしれません。 結論から申し上げれば、実は変更しなくても問題無いケースは多いです。しかし原則としては、やはり変更した旨を伝える必要があるのです。 そもそも銀行に対して住所変更の連絡をする理由ですが、ダイレクトメールなどが挙げられます。

もしくは銀行からの重要な通知などを、確実に受け取れる体制が必要なので、住所変更の旨を伝えなければならない事もあるのです。 何せ銀行では、たまに利用客に対してとても大事なお知らせをしなければなりません。それで手紙を郵送するケースもある訳ですが、やはりそれに関する情報だけは、着実に手元に届ける必要があるでしょう。

ところがFXという商品の場合は、そもそも手紙が届くケースが極めて稀なですね。基本的にこの商品はネットで様々なやり取りをする事になるので、実は住所変更しなくてもあまり問題無いケースが多い訳です。ですので住所変更の旨を伝えなくても、特に支障はないでしょう。

しかし実際には、金融会社としてはそれを伝えて欲しいとはアピールしている訳ですね。やはり色々な理由があるからです。ですので結局は、住所変更を行った時には、FXの会社に伝えておく方が無難ではあります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ