金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

金利的な意味で先物に比べればFXの方が良い

FXは、たまに他の投資商品と比較をされています。先物投資なども、その1つなのですね。 その2つの投資関連の商品は、システムなどは非常に似ています。どちらも簡単に空売りを仕掛けることができますし、いわゆるネットでの売買を行う事にもなるので、システム的に似ている事だけは確実でしょう。

ところがその2つの商品には、実は大きな違いもあるのです。そしてそれが理由で、FXを選んでいる方々も多く見られますね。その1つが、金利が発生するか否かです。 まず先物投資という商品の場合は、実は金利などは発生しません。いわゆる穀物や貴金属などを用いて売買をする事になりますが、そもそも金利はないのです。

そしてFXの場合は、そうではありませんね。外貨によっても異なるのですが、基本的にはプラスの金利が発生する事になります。特に南アフリカランドの金利などは、かなり高めになっていますね。他の外貨と比べるとかなり高めなのですから、その外貨ペアに興味を持っている方々も非常に多いでしょう。実際人によっては、その金利による利益を目的に長期保有をしている方も見られます。

ところが上記の穀物や貴金属などの場合は、いわゆる金利などの概念はありません。したがってたとえ100年間それを保有していたとしても、何も金利が生じる事はない訳です。そして、人によってはそれがちょっと面白くないと考えている事もあります。せっかく取引を行うのであれば、やはり何らかの金利が発生するのが自然だと思っている方も見られる訳ですね。

それを考えれば、確かに先物よりはFXの方がメリットが大きいとも言えます。 基本的に先物は、あまり長期的な売買は行わない方が良いですね。確かに長期的な売買も一歩なのですが、そもそもその金融商品には、限月と呼ばれる概念があります。一定期間が経過してしまえば、自動的にロスカットになってしまう訳ですから、あまり長期で建玉を保有しない方が良いでしょう。FXと違って、先物は短期売買向けだと思う次第です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ