金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

幅が狭い時には急落や急上昇になる確率も高まっている

FXには、1つ興味深い特徴があります。あまり動かない状況では、だんだんと幅が狭くなってくる傾向があるのですね。そして最終的には、一気に大きな動きが発生する傾向があります。ですので動きが小さくなってきている時には、ちょっと注意を要するのですね。

例えばある時のレンジの幅が、0.3円分くらいになっているとします。非常によくあるシチュエーションですね。それで時間が経過すると、だんだんとその幅が狭くなってくる傾向があり、0.2や0.15などの具合です。 ちなみに、そのような局面ではボリンジャーバンドなども独特の形状になっている傾向があります。だんだんとバンドの幅が小さくなってくるのですね。

ですのでレンジ相場に突入した時には、ちょっとボリンジャーバンドの形状などにも着目をしてみると、より状況を正確に把握できるでしょう。いずれにせよ幅は、だんだんと狭くなる傾向があります。 ところがその幅は、今度は拡大する事も多いのですね。それで幅が一気に拡大する傾向もあり、大きな値動きが発生する確率が高くなります。いわゆるレンジは消滅して、急落が生じる事が多いですね。

もしくは急騰などが発生する事もあります。 つまりボリンジャーバンドの幅が狭くなってきた時には、間もなく大きな動きが発生するとも推理できる訳です。ですので幅が狭いタイミングでは、急落や急騰などの状況に備えて、色々な予測を立ててみると良いでしょう。それで適切な売買を行ってみるのが良いと考えられます。

なおバンドが狭くなってきている時には、基本的にはあまり建玉を持たない方が良いでしょう。そのような局面で建玉を保有してしまえば、かえって大きな損失が生じる確率がアップする傾向があります。 それよりは、ひたすら様子見で我慢をする方が良いですね。しばらく待っていれば大きな動きが生じる確率が高まっている訳ですから、とりあえずは我慢して急上昇や急落に備えてみるのが良いでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ