金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

ポジポジ病での損を何度か経験するべき理由とは

人々は、たまに大きな病気になってしまっています。金融業界では、その病気がポジポジ病などと表現されている事があるのです。その病気になってしまっている時には、やはり気をつけた方が良いでしょう。 それはどのような病気かというと、とにかく建玉を保有していないければ気が済まない状況ですね。理由は人それぞれですが、何らかの建玉を保有していないと、気持ちが落ち着か無い方も中には見られる訳です。

私の知合いのトレーダーの1人に、1日に数十回ほどの売買をしている方が見られます。とにかく1秒たりとも建玉を保有していないと、気持ちが落ち着かない病気なのだそうです。ちょっと精神的な病気にも近いですね。 ではその知人の売買のパフォーマンスはどのような状況かというと、残念ながらあまり良くありません。普段から建玉を持つ頻度が多い訳ですが、それが含み損になってしまうケースが非常に多いのだそうです。

それで売買のパフォーマンスが悪くなり、その方としても困っているようなのですね。 上記のようなポジポジ病などは、やはり改善をしたほうが望ましいと思います。そして、私もその気持ちは何となく分かるのですね。以前の私はデイトレなどでの売買をしていましたが、とにかく常に建玉を保有していないと気持ちが落ち着きませんでした。

それで流石にある時から、ちょっと見直しをするようになったのですね。その結果、現在では利益率もアップしています。以前ならば年間の利益率はマイナスだったのですが、最近では常にプラスになっています。ですのでポジポジ病を改善させることは、やはり非常に大切だと思う訳です。

ポジポジ病の治療の為には、やはり何回かは損失を経験する必要があると思います。実際に損失を経験してみないと、その病気の怖さが分からない事も多いからです。逆に損失を何度か経験すると、その病気の恐ろしさが分かる訳ですね。FXで上級者入りしたいならば、一度はポジポジ病での損を経験してみるのが良いと思う次第です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ