金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプション はシミュレーションで体験してから

バイナリーオプションはハイアンドローみたいなもので、自分が上がると予測して上がれば勝ち、下がれば負けといった判断の勝ち負けだけを見れば、期待値は5割になるわけです。しかしそういったものであれば、みんなの負けや自分の負けが、地球上をくるくる回って、結局のところ皆が平等に手数料分だけ負けるということになってしまいます。現実には絶対にそんなことはあり得ず、大きく勝つ人もいれば、大きく負ける人もいます。その違いはどこに現れてくるのかと言えば、勝ち方、負け方です。勝てる勝負に厚めに張って、不安材料の大きな勝負には小さめに張るということが必要になってきます。

そしてその「勝てる勝負」と「不安材料」は、自分自身で有効だと思える確固たる独自のものを持たなくては「人より儲かる」ということはないのだと考えました。「勘」で勝負していれば、それこそ半丁ばくちと一緒です。場代と同じように、控除率があるのですから、同じ金額を常に掛けているとしても6割の勝率でトントン、7割でようやく勝ちになると設定しました。なにもしなくても勝ち負けだけは5割ですから、後はそれこそ「いける勝負には厚め」「負ける時は小さく」を徹底しなければならないのです。

はやる気持ちはありましたが、自分の中での法則を見つけるために、まずはシミュレーションで徹底的にバイナリーオプションを経験する方法を選択しました。いわゆるデモトレードです。多くの会社がでもトレードを無料で提供しています。利用には、口座の開設が必要なところもありますが、登録すら必要のない会社もあります。自分の場合は手数料が高い会社も低い会社も体験しました。低い会社はどこからか必ず回収しているわけですから、高い会社と低い会社の両方を比べ、それが自分にとってどちらが不利で有利なのかを知ることも必要だと感じていました。

この時にリアルに近いメンタルを経験するよう、自分で気をつけました。シミュレーションなのですから、実際は大負けしても実損はありません。痛くもかゆくもないのです。しかしそれでは「自分がこういう時にはこういう動き方をしてしまう」とおうメンタルの動きを知ることはできません。それを知らなければ、対応もできないのです。「本番と同じだ」と思い込むことが重要なポイントでした。幸いゲームでも必死になってしまう性格でしたので、それは単純に出来ました。そのようにシミュレーションでとことんやりこんでいくと、自分のウイークポイントは見えてきますし、自分が勝つ時の流れも解ってきます。もちろん「自分にマッチした動向の読み方」も掴めてきます。この期間があって今が順調なのだと感じています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ