金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

サラリーマンに人気のある朝注文を入れるトレード

昼間、仕事をしているとチャートを見られないので朝、指値や逆指値注文を入れて取引しているサラリーマンが多いようです。指値や逆指値注文を入れておくとチャートを何回もチェックする必要もありませんし、FXを始めた当時は楽チンでいいなと感じていました。でも、朝、指値や逆指値注文を入れるといっても何を基準にして注文を入れているのか分らなかったのでずっと成行でポジションを持っていた感じです。

私のようにどうやって注文を入れているのか気になっている方も多いと思いますが、注文の入れ方にもいくつか方法があります。まず、よく利用されているのがシグナル配信サービスです。シグナル配信サービスは朝注文を入れてあとは指値と逆指値までに到達するまで放置します。また、シグナルが出た時に配信されるタイプもありますが、これは何時にシグナルが発生するのか分りません。

サラリーマンが仕事中にメールを受信して注文を入れることは難しく感じます。それでサラリーマンにはいつシグナルが出るか分らない配信サービスよりも出勤前に注文できる方法が人気のようです。 それから次に多いのがピボット注文です。これは前日の値動きから今日の値動きを予想したツールでほとんどのFX会社で朝のニュースなどで配信されています。そのまま注文できますし、チャートを確認して注文を入れるか判断してもいいでしょう。

また、前日の安値や高値に数pips余裕を持たせて注文を入れているトレーダーも多いようです。朝、チャートを見て前日の安値と高値をチェックするだけでいいですし、指値や逆指値の入れ方はトレーダーによって違いますが、高値から数pips上に買い注文を入れて逆指値を前日の安値に設定しておきます。反対に売りの場合は前日の安値の数pips下に注文を入れて前日の高値に逆指値を入れます。

この方法はトレンドが出ている時には使える手法だと思いますが、ボックス相場で動いている時は逆指値になるか、少しの利益で決済、あるいは少しのマイナスで決済になりそうです。ですから、相場を見極めることも大切だと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ