金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

トレンドの転換を捉えるパラボリックの見方

FXには無数のテクニカル分析や手法があり、すべてを使いこなすのは難しく感じます。一般的にトレーダーに人気のテクニカルというと移動平均線やボリンジャーバンド、トレンドラインですが、私はこれら以外にもパラボリックでトレンドを判断しています。

パラボリックはトレンドの転換を捉える素晴らしいテクニカル分析でひと目チャートを見ただけで今、上昇相場なのか、下落相場なのか分ります。初めて見た時はローソク足の上や下にドットが表示されているので最初は本当にこのようなテクニカルが使えるのか不安になったことを覚えています。 ただ、ローソク足や他のテクニカル分析と照らし合わせると意外と使えるテクニカル分析だと分りました。

トレンドを追求するテクニカル分析なので相場が揉み合っている時はダマシもありますが、ボックス相場に抵抗線や支持線を引き、どちらかにブレイクした時にポジションを持つとダマシを防げます。 また、パラボリックのシグナルが変わった時にポジションを決済することも出来るので損小利大の取引を目指せます。

ですから、どうしても損小利大の取引ができない、利益が出たらすぐに決済してしまうクセがついているなら一度、チャートにパラボリックを表示してみるといいと思います。きっと、目から鱗が落ちるようなテクニカル分析だと感じるはずです。

また、移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスよりもトレンドを早く捉えられるのもパラボリックの特徴だと思います。もちろん、トレンドが転換したからといってすぐにポジションを持つとダマシになる確率は高くなりますが、ポジションを持つ準備は出来ます。

例えばパラボリックで買いサインが出ていても陰線のローソク足が出ている時は見送り、陽線のローソク足が出た時にエントリーするのもいいでしょう。さらに3つ以上のドットが出た時は高い確率でトレンドが転換しますから、私は4つ目のドットでエントリーするようにしています。その時に移動平均線やボリンジャーバンドなどと判断するとより勝率も高くなります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ