金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

期日を著しく短くしたのがバイナリーオプション取引

最近FX取引が人気ですが、見込誤りが起きた際の損失差の大きさは計り知れないものがあります。 ストップロスの制度はあるものの、売り注文が集中した場合には注文を自動的に出しても取引が成立するかどうかはわかりません。 ちょっとした時間差で想定していたストップロスの価格とかけ離れた価格での決済となってしまうことがあるのです。 この場合、かなりの損失を抱え込むこととなり返済に窮することとなります。 このような危険性を回避しつつ為替取引をする方法として国内のバイナリーオプション取引があります。

オプション取引という一定価格で外貨を売ったり買ったりする権利を買い、これを行使するか否かて収益が決まるというわけです。 自分の思い通りに為替が動けば、収益が得られますし、そうでなければオプションを放棄するだけですから損失はオプションを買った金額に限定されます。 このオプションは、期日が決まっていますが、この期日を著しく短くしたのがバイナリーオプション取引です。 期日とはいえ、1日という単位ではなく15分とか20分という超短期取引です。

そのような短期間経過後に、為替変動がどういう動きをするかを当てる取引なのです。 限りなく賭博に近い取引なので、よく警察で問題にならないなと思うのですが、実際にやってみるとキチンとした為替取引でありもとばくではないとわかります。 取引をするためには、一定時間までにオプションを買う必要があります。 自分の目の前で為替変動がグラフ表示されるのを見るのはちょっとしたトレーダー気分ですが、結果がすぐわかるのですっきりします。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ