金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションは買いしかできないオプション

多くの金融商品は売買の両方を行うことができます。たとえば、株価指数オプションの場合、買うこともできますしうることもできます。コールオプションを買いながらプットオプションを売るのがゼロコストオプションと言われる戦略ですし、コールオプションとプットオプションの両方を売ることによってショートストラングルという戦略をとることもできます。他にも色々な戦略が考えられるのですが、全体としてみた場合には、買うよりも売る方が稼ぎやすい傾向があります。オプションは売らなきゃ網羅かないと言われることもあるくらいです。

バイナリーオプションも為替レートに対するオプションの一つですが、他のオプション取引と違って、買うことしかできないという点に注意が必要です。そもそもオプションの価格というのは、リスクプレミアムであると考えるべきでしょう。元々オプションはリスクヘッジのために用いられた金融商品ですから、買うと言うことはリスクヘッジを行うことを指します。

買うときの代金はリスクを負ってもらうための料金です。売る側はリスクを負ってあげる代わりに料金を受け取ります。これがリスクプレミアムです。 バイナリーオプションもペイアウト率を考えれば同じような分析を行うことができますが、基本的にはオプションを買うだけのものだという点に注意が必要です。オプションを買うことしかできませんから、リスクプレミアムを支払って取引をしているという感覚を持つことは必要です。リスクプレミアムを支払うわけですから、平均的には損失が発生すると考えておいた方が良いです。

平均的には損失が発生しますから、平均に近づかないような取引を行うべきでしょう。もっともやってはいけないのが、常に取引をしているという状態です。色々な状況で取引を行えば平均に近づいていきますから、いつでも取引をしているといった状態であれば、おそらく利益を確保できないでしょう。また、ランダムに取引するのも良い方法ではありません。ランダムに取引をすれば、やはり平均に近づいていきます。

バイナリーオプションの取引を始めたばかりの時には、とにかく数をこなそうと思ってしまうものです。どんな状況でも稼げるようになろうと考えるのは、投資家としては優れているのですが、プロでなければそうなる必要はありません。稼げないと思ったのなら取引しないのが良くて、取引しなければ損失を発生することはありません。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ