金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

午前11時30分。ゆる~く相場観察と記事読み。私流の息抜き

12月8日、午前11時30分。ゆる~く、相場観察しながらの記事読みです。記事読みを混ぜているのは、相場を見てばかりだと疲れてしまうからです。FXをやられている人の記事を読むのが私流の息抜きです。みんな何を考えて相場と向き合っているんだろうと考える時間も貴重なのです。FXをやられている方で、問題になってくるのが息抜きとか、どうエントリーしたらいいのかわからない!といったことだと思います。

これは自分目線で考えているので、もしかしたら違っているかもしれません。私がFXを始めたとき、この2つのお悩みにぶち当たりました。これ以外にもまだあって、感情コントロールですね。相場の動きに一喜一憂して、嬉しくなったり、悲しんだりなんてもうしょっちゅうでした。心臓が高鳴ったり、血圧が下がったりと相場にやられまくりでした。体がこんな風に反応してしまうのって、自分では疲れている証拠だって思いました。

疲れると少しの刺激がストレスになってしまうのです。つまり、感情コントロールが出来ないのは、息抜きがうまくできていない可能性があります。関係ないと思うかもしれませんが、私の経験から話すと、実際にそうでした。少しでもモヤモヤしたり、苛立って来たりしたら疲れていると判断して、思い切って相場から離れました。その間やったことは、心の洗濯です。

感動できる映画を観に行く、気の許せる友人と会ってお茶を飲む、寝てボーッとする、家族とショッピングなど自分を大事にすることに時間を使いました。たった1日だけでも違いました。相場に戻ると、モヤモヤした気持ちが消えて元気になっています。

このように、意外と関係がある事なので、もしそのような気持ちになったらこのような息抜きを取り入れるといいかもしれません。ここに挙げたのは私の好きなことですが、大事なのは相場を離れて自分の好きなことをする時間の確保です。やって息抜きになる事なら何でもいいので、早速やってみましょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ