金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

今日は相場がお休みで、FXの記事を読む スプレッド拡大について

12月12日、今日は相場がお休みだから、値動きに一喜一憂しなくて済む。それは幸せなひとときです♪そんな休日はいつものように美味しいものを食べて、人間としての暮らしを楽しんでいます。平日は兼業トレーダー、でも休日は、どこにでもいる普通の人です。今は寝室の暖房が効いた部屋で記事を読んだり、テレビを観ています。休日なのに読む記事がFXです。

月にファッション誌を何冊も購入して読んだり、立ち読みするのが好きな人っているじゃない?私にとってはFXの情報収集が好きなのです。でも、ファッション誌や健康の雑誌と比べて、FXの雑誌というのは極端に少ないのが現実です。そのことについて私は、寂しいって思います。だけど、インターネットでFXと検索をかけると、記事数のボリュームに圧倒されます。

さらに、FXだけじゃなくトレード手法だったり通貨の名前を入れて検索すると、もう無限にあります。すべてはもちろん読み切れないので、表示されるタイトルをざっと見て、これ読みたい!と思ったものをクリックして読んでいきます。これをもう何年も楽しみでやっているので、行きつけのホームページが出来て楽しい時間を過ごせています。そういえば、ここ数週間前に米雇用統計が発表されました。

これは米国の中では大注目の指標で、毎月1回必ず発表されます。発表後の変動が50PIPS程と大きいのが特徴なので、やらないのはもったいないと思っています。しかし、毎月楽しみにしているのに、参加することが少ないのです。それには過去の痛い経験やスプレッドの現実があります。

どちらに値が進んでも約定するようにOCO注文を出しておきました。騙しに引っかからないように10PIPS程の位置に出すと、片方が約定しました。ところがスプレッドが普段よりも広がっていて、かなり値が伸びても利益が5PIPSと少ないのです。利益確定しようにも激しく動いていますから、待つしかありません。

おさまるのを待っていると10PIPS下がってアウトになりました。それから相場は伸びていきました。でも、もう後の祭りです。それ以来、難しいんだと参加することを諦めています。スプレッドが指標時に拡大しない業者ってあるのか調べてみました。SBIFXトレードのスプレッドは発表時もほとんど変化しないそうです。これが本当だとしたら、ここに口座を開こうかな?

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ