金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

トレンドを把握するトレンドラインの基本といくつかの活用法

FXチャートでのトレードはトレンドに乗るという事が重要です。トレンドの定義は様々ですが、高値と安値が同時に切りあがる、あるいは切り下がる現象をトレンドとする(ダウ理論)というのが代表的です。そのトレンドをチャート上で分かりやすくする手段の一つとして、トレンドラインを引くというのがあります。

トレンドラインの基本的な引き方ですが、上昇トレンドの場合は目立つ安値の切り上がりを線で結び、下降トレンドの場合は目立つ高値の切り下がりを線で結びます。言葉だけでは分かり辛いという方は、例えばyoutube等に引き方の解説動画がいくつかありますので参考にされると良いでしょう。

さて、このトレンドラインはトレンドの把握以外でも有効に使う事ができるわけですが、まず一つにエントリーポイントを把握するのに使うことができます。価格が再度トレンドライン上に到達した時、ライン上で反発するといった事がよくあるので、その反発確認後にエントリーを行います。反発しない可能性も当然ありますので、勝率を上げるには反発を確認してから入るという事が重要です。

反発せずにラインを越えた、いわゆるブレイクした場合は、トレンド終了として逆方向のエントリーポイントにもなりますが、勝率は若干低くなります。といいますのも、トレンドが終わるからといって必ずしもトレンドが逆向きになるとは限らないからです。トレンドが収束して横ばいのレンジ相場になり、再度同方向へトレンドが発生する可能性も多く含んでいるので注意したいところです。

このラインブレイクでのエントリーで勝率を上げる方法を一つご紹介しますと、上位の時間足のトレンドに着目する事です。例えば15分足が下降トレンドで、上位の1時間足あるいは4時間足が上昇トレンドであった場合、15分足の下降トレンドのブレイクは一気に上に向かう可能性が高くなります。なぜなら、上位足で見ればそのタイミングは大きな流れの押し目・戻りにあたる事が多いからです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ