金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

株とFXの決定的な違いについての記載です

自分は現在28歳の男性会社員をおこなっております。自分は昔から株などのいろいろな投資をおこなっておりました。それで最近では自分はFXの投資なども行っております。そして今回の記事では株とFXの違いについての記載をおこなっていきたいと思います。

まずは株のお話となりますが、株とは一言でいってみれば自分のお金を会社に投資、つまりお金を貸すということになります。それで会社はそのお金を活用して会社の発展や利益の追求などを行っていきます。その御礼金として、配当金と言われるものが凍死者に配られます。お金を貸してくれてありがとうというお金です。この割合は会社の利益によって変動します。

会社が利益を上げていればもちろん配当金もあがりますし、赤字であれば御礼金も減ります。最悪のケースとして会社がつぶれてしまえば、自分が貸したお金などはもどってはきません。そして配当金以外にも会社の経済状態が株価の数値として表示をされます。株価が上がっているときに、自分が投資を行った株を売る、つまり貸したお金を返してください、というときに利益の分が上乗せをされるのです。

最後にですが、ある一定の株を購入した時に、配当金以外にもうちの会社の株を購入してくれてお礼として株主優待券などがいただけます。ホテルの会社に投資をしたのであれば、割引券が年に何度か配れたりするサービスのようなものです。基本的には急激に株価は大きな変動はしませんし、これらが簡単ではありますが、株のしくみです。そしてFXのしくみとは株とは違い、かなり波乱です。

まずはFXは通貨の売買が目的です。これは外貨通貨を購入するということになります。会社の株とはちがい、変動は激しいですし、スワップポイントといった金利、株で言えば配当金のようなものが少額ですが、毎日受け取ることができます。しかし通貨の変動は激しいですし、大儲けをするときと大損をするときの差があまりにはげしいのです。そのかわり、1000単位からの少額からも取引を行うことができます。かなりギャンブル性の強い投資となります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ