金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

22時過ぎ、あと少し頑張ろう!1人でFXの勉強

東京時間から調子が悪かった豪ドル円が回復したとニューヨーク時間に入ってきたニュースで知って、安心しました。でも、束の間でした。安値から15PIPS程離れた豪ドル円でしたが、あっという間に下に行きました。やはり、下の勢いが強い日なんだね。そして、今日がレンジブレイク第1波になりました。大きく取りたかったですが、1円も稼げていません。

というか、エントリーなしです。豪ドル円は約1週間も1時間足でレンジを作っていました。でも日足が押し目を付けている状態を見るとこれは買いが正解なんだろうな。でも、はっきりと動くまではエントリーしないでおこうと決めていました。結局下に動いたわけですが、まさか今日来るなんて思っていなくて、何も準備できていない状態です。

気づくとかなり下げていたので、今から乗っても遅いということで、やめてチャンスを逃しました。現在の時間は22時を過ぎているので、ポジションはもう持ちません。パソコンの前でチラチラッとチャートを眺めて、どう入ったらいいのかと勉強中であります。家族はもう寝て、誰もいないリビングで1人寂しくFX勉強会ですよ。トレンドに乗るときの注文方法についてどれが有利なのか自分で考えています。

成行注文だと、希望の価格に上手く刺さりません。レートの動きがおとなしい時はズレないのですが、活発な時は不利な価格で刺さることが多いです。例えば、下げが強い相場で、豪ドル円を売りたいとします。今の価格よりも下で売るなら逆指値で、今の価格よりも高い価格で売るなら指値になります。私が一番考えるのは指値にするべきか逆指値にするべきかです。

指値にすると刺さったときに戻しの勢いが強すぎれば損がすぐに膨らみます。逆指値は、下に来るのを待ち構えるスタイルになります。運良く下げに勢いがついた場合、少しの逆行もなく利が乗るかもしれない、なんて考えます。そうなるとすれば個人的には、逆指値が有利だと思う。下落途中のレンジってあるじゃない。上げ止まったのを確認して逆指値で下に向かってくるのを待ち構える。そのほうが確実に取れる気がする。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ