金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

米ドル円が買われたのは午前中だけ あとは様子見になっている

12月11日、現在は15時50分です。日経平均が前日比マイナスから反発してプラスに転じる動きを東京時間で見せてきました。これによりクロス円は少しも前日比マイナス転換しないで、堅調でした。それが後押しして、米ドル円は午前中、買われていましたが、午後になると落ち着いてきました。その他では前日の欧州時間に下げが目立ったユーロ円が買われていました。

きのうの東京時間に指標が発表されて、良い結果で1円近く急騰したのが豪ドル円です。タイミングを逃したので、再び上に行くのを待っていたのに、欧州時間になってもニューヨーク時間になっても、高値に向かっていく動きをしません。ニューヨーク時間では、じりじり上値を切り下げましたが、結局は翌日の東京時間で元の位置に戻ってきました。日経平均が調子いいならば、本日の東京時間では上に行くかもしれないと期待していました。

でも、株式市場が終了してから振り返ると、定位置に止まっているだけだったので、残念です。豪ドル円は、いつ動き出すのでしょうか?一瞬パッと花を咲かせてからはお休みになってしまうなんて思っていませんでした。きのう欧州時間に買われることを期待していたことを思うと、とても残念です。これから動き出せばいいなと思いますが、豪ドル円にとって大事な時間帯はもう終了しています。

午前中に動いていた米ドル円が今は停滞しているところを見ると、もう今日豪ドル円が動き出すことは考えにくいです。何か動き出せる発言があったらいいなぁ♪こんなことを思っても奇跡が起こることはごくまれです。たまに、思ってもいない時間帯に発言がされて動き出すことがありますが。それも1年のうちで数えるほどです。

今年2015年を振り返ってこの急変動を捉えられたらなぁと思う出来事がありました。米ドル円が円安に進んだときに起こった黒田日銀総裁のここからさらに円安はありそうにない発言で、豪ドル円は一瞬で50PIPS近く行きました。お盆のころに起こった人民元の急きょ切り下げ。これにより一瞬で値が飛び1円近く行きました。離れた位置に売り注文を仕掛けていたら、即座に利益になってノーストレスでトレード終了です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ