金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

豪ドル円が88円割れになるかどうか? 気になったその結果

12月9日、今日は水曜日です。きのうに引き続き、クロス円は冴えない動きをしていました。88円を割らないだろうと判断して、日足が押し目を付けたところをデモトレードで拾いました。それは、きのうのことです。私が寝ている間に88円前半まで行ったことを朝になって知りました。ひゃぁ。でも、危機一髪のところで立ち上がって88円後半に戻ってきていました。

これ、押し目じゃないかも?と思ったけど、時間が経ってから見ると重要なサポートを割っていないのでいいポイントだったということでしょう。前半で拾っていればよかったなぁ。なかなかきっちりと買うのって難しいですね。豪ドル円の下げについてニュースでは、高値からの調整が入ったと書かれていました。

2日連続の深い調整です。な~んだ。じゃぁこれから時間をかけてまた90円後半の高値に向かっていくんだろうなぁ!なんて思っていました。そして、現在は欧州時間の7時30分になります。どうなっているかチェックすると、88円割れした事実を見てしまいました。きのう割らないと思ったので、落ちてきたところを見計らって押し目のつもりで買ったのに残念です。

88円割れに損切りを設定したので、押し目買い失敗です。豪ドル円が下げている原因は、中国の輸出統計が悪化したこと、リスク回避をする欧州株の動きにありますね。すべてそれは、中国から来ています。そして今、欧州株は下げていますが、市場がオープンしたときは調子が良かったですよ。驚いたのは、リスク回避になっているのにユーロ円とポンド円は前日比プラスで、高値に近い水準です。

それとは対照的に調子が良くないのは豪ドル円と米ドル円です。東京時間チームと欧州時間チームに見事わかれましたね。今日は今のところ本番ではもちろん、デモトレードでもエントリーはしていません。午前中はドーナツとコーヒーのために喫茶店に出かけていき、ついでに散歩までしていたら夕方の帰宅になりました。それで、何もできていない状態なんですよ。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ