金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

夜8時過ぎ これから今日の第1回目のトレード練習

今は夜の8時過ぎになります。今日は本番でも練習でもポジションを持っていません。本当は練習だけでもしたかったのですが、いい天気で家にいるのはもったいなかったので出掛けちゃいました。帰って来て、軽く寝て、食事をして、これでやっと準備が整いました。ゆっくりチャートを見てエントリーポイントを探ることが重要なので、時間があるときじゃないとなかなか。

早速じゃぁ、やってみましょう。私は取り掛かるとき、日足のチェックから行います。大きな流れがわかるので、どの方向に相場が傾いているのか理解できます。特に通貨にはこだわらずに代表的なクロス円の日足を順番に見ていきます。1つに絞ってしまうとトレードチャンスが減ってしまいます。それではもったいないので、分け隔てなく確認です。

まずは豪ドル円から。豪ドル円は、きのうはちょうどいい押し目かと思いましたが、今日になって押し目ではないことがわかりました。あと少し下がればサポートラインを割ってしまいます。これはちょっと様子を見たい日足ですね。1時間足に縮めていくと、下落からの戻しの最中なので、上げ止まりを確認次第売りを狙います。続いて、米ドル円の日足は、11月の半ばから今まで約3週間近くレンジで細かく上下しています。

122円前半で何度も跳ね返っているので、狙うはここに近づくのを待ってからです。見た印象は、やりにくいと感じました。ユーロ円の日足は、12月3日に出現した4円近い巨大な陽線が印象的です。下落中の戻しの格好です。なんとか上に行こうと頑張っているように見えるので、容易に売ってはいけないのかなと感じます。強い陽線の反発を信じて、ここは買い狙いです。

1時間足のほうは、レンジになっています。ん~、どれで行こうと悩む私です。勝敗がわかれるので通貨選定は重要ですよ。今すぐには無理だけど、豪ドル円の1時間足狙いで88円後半までの回復を待って売りたいと思います。今は88.37なのでもう少しの辛抱です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ