金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FX取引を初めて学んだことや人生に与えた影響について

仕事が多忙でこれといった趣味もなく、結婚する見込みもなかったが老後や今後の生活に不安を感じていたため少しでもお小遣い稼ぎができればいいなと思いFXを初めて1年が経ちます。当時は、株取引よりもルールがシンプルでなにより作っていた口座の手数料が無料と言うこともあり簡単に稼げるなと思い始めました。

最初は、最低取引数量の1000通貨でドル円を購入して1分足らずで10円ほどの利益が出ただけで大喜びしていました。しかし、順調に利益が増えていくはずもなく突然含み損が膨らんだり、取引枚数を最低の1000通貨からすると決めていたのに、設定がデフォルトの10000通貨になっていたのを確認せずに取引したりしてしまいました。含み損がどんどん増えていくと、助かる気配はないという不安心理だけがよぎり昼食も食べずにずっとチャートとにらめっこしていました。

その後も含み損は膨らんでいき、やがていずれは助かるだろうという根拠のない理屈を作ってポジションを持ったままにしていました。その当時は、指値、逆指値の使い道なども分かりませんでした。 アベノミクスなのだから円安傾向が続くに決まっていると考えて、そのままにしていた買いポジションはどんどん含み損を膨らませていき途中から怖くなり損切を決心しました。

損失額は12万円と私の月給に近い金額が失われ暫くは何もする意欲がありませんでした。そんな状態で会社に出社していると、上司からだらしない、顔色が悪いと怒られ余計に凹みました。これからは、もう二度とFXには手を出すまいと誓ったのですが、なぜかチャートをまた見たくなり確認すると大幅な円安が起きていました。もし損切りしなければ利益がたくさん出たのにと後悔して、このままでは食い下がれないと再度FX取引を始めました。

しかし、無情にも状況は悪くなりさらに3万円の損失を生じてしまいました。 一種のギャンブル依存症に陥ったのではと考える一方、考えながら取引するのが楽しいので今では取引方法も勉強して少数枚数で取引しています。収支はトントンですが、大きく負けることもないので精神的に楽です。自分の損失をどこまで認められるかというラインを決めて、また熱くなりすぎないようにしようと心掛けたことにより今では精神的にもだいぶ立ち直れました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ