金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

中国の輸出統計が予想を下回ったことで東京、欧州、共倒れ状態

12月8日、現在は夜の7時30分です。今日は東京時間午前に相場をチェックしたとき、クロス円全部が前日比マイナスで推移していました。日経平均も軟調で、最終的に200円も下げました。その影響で欧州時間になっても前日比プラスに回帰した通貨はございません。

今日はずっと調子の良くない相場です。欧州株の様子がニュースで入ってきていますが、中国の輸出統計が予想よりも下回ったことで軟調になっているそうです。豪ドル円の売買をしたいと思ってチャートをチェックしました。午後に確認したとき、日足でちょうど押し目を作っているところだったので、試しにデモトレードで買いを入れてしまいました。だけど、下げがきつくて損切りになってしまいそうです。

88円を割ったところに設定してあるので、それまでに立ち直ってもらいたいのですが。中国統計が悪かったし、資源価格も軟調に推移しているところを見ると、下に行ってしまうかもしれません。相場の世界で損切りになること自体は悪くはないのですが、勝っても利益が上回らないトレードをすることが問題です。勝つポイントは、いかに無駄なエントリーを控えられるか。

意味のある場所でエントリーするかです。その後の利益確定も、大事です。どれぐらいのPIPSを獲得したら売ろう?これがとても大事。エントリーした時間足を基準にこれだけは獲得したいというPIPSを決めたほうがいいのではと思います。5分足ならば、相場の小さい値動きが反映されたろうそく足なので、そんなに大きく取るのは難しい。だから、5PIPSも取れたら十分です。

そして、損切りは浅くできるぶん、引っかかる率は高くなります。波が短いほど勝つのって難しいのです。5分足エントリーって少額の損切りが積み重なって利小損大に陥りやすいパターンです。逆に日足は相場の大きな流れを読むことができるので無駄な損切りを減らせます。

ただどうしても1回の損切りは大きくなります。その代わり、押し目や戻りを待って慎重にエントリーすれば、獲得PIPSを大きくするのは十分可能です。日足エントリーは、スイングトレード向きです。大きく取りたい人は是非♪

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ