金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

安定して勝つことは簡単じゃないと思った相場の動き

12月14日、もうすぐ夜の9時になります。東京時間から相場を見てきて、トレードで安定して勝つことって簡単じゃないと感じました。そう思ったのは、日経平均の動きと相場の動きが全く読めなかったからです。朝の日経平均は先週の米株安の流れを引き継いでリスク回避でスタートしました。

そうなることはNYダウと日経平均は連動することが多いというFXの法則から考えて理解できました。日経平均は500円も安くなったわけですが、先週NYダウは300ドル安となったので、それはそうなるよね!と特にびっくりすることはなかったです。クロス円のしていた下げの動きも、日経平均と連動する動きで、これも理解できました。

この段階では動きが読めて、自分はパーフェクトだって思いました。しかし、ここからが問題なのです。500円安になった日経平均は、急に下げ幅を縮小させていき、相場全体でリバウンドが起こりました。リスク回避の動きから一転、円売りの動きになったのです。リバウンドが起こるなんて考えていなかった私は、全く理解できない動きにあ然となりました。陽線で上昇していく豪ドル円のチャートを見たとき、これも一時的な動きなんだろうと考えていました。

しかし、チャートの抵抗線を次々と突破していき、どこで戻り売りを仕掛けたらいいのか全く理解できません。考えているうちに豪ドル円は、50PIPS近く上昇して、そこでやっと動きが止まりました。下げだす気配は全くなしで、ついに私は完全に流れが変わったことに気づきました。売りを仕掛けなかったから良かったものの、これで本当にやっていれば損切りです。

そして損切りの後も戻り売りをする場所を必死で探しています。流れが変わったこと、もっと早く気付こうよ。自分は本当に遅すぎます。もっと早く気付けたら買いに切りかえていますから、勝てています。豪ドル円は、これまでに86.51から87.60まで反発しました。

欧州時間も崩れることなく高値に近い水準を維持してましたが、ニューヨーク時間が迫ってくると原油安が意識されて87円前半まで押し戻されました。全く読めない相場。こんな相場を見ると、勝つことの難しさを痛感します。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ