金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

午前から夕方まで比較的値動きの少ない為替レートのメリット

為替レートは時間によってそれぞれ特徴的な為替の動きがあり、これらの性格を見越すことができればFXすることがより楽しくなってくるかもしれません。 それでは時間帯別FXのトレードについてですが、まず地球には時差というものがあり日本時間やアメリカ時間と評されるように太陽の昇る時間によって違ってきます。

なので日本時間でいうところ早朝がアメリカの夕方ごろととらえることができて、FXをしていない人にはわかりづらいかもしれませんが、FXをはじめて日本時間以外の時間帯を気にしながら生活している人も多いのではないでしょうか。 それぞれの時間帯の特徴にはどんなものがあるのでしょうか。

まず日本時間で午前9時頃からFXは始まりますが、FX自体はほぼ24時間に動きっぱなしですが、日本時間だと証券取引所などが開かれる午前9時頃からがスタートといわれています。 この時間帯はFXはドル円もユーロ円もとてもゆったりとした動きが多いものの、指標発表などがある日などは活発な動きを見せることもあります。

日本時間で11時近くに指標発表があることもあるので、この時間帯前に指標発表の日はポジションをとったほがいいかほしれません。 また日本時間はオーストラリア時間帯とほぼ同じなため、オーストラリアやニュージーランドも指標発表のタイミングが似ていることもあり、オーストラリアドルやニュージーランドドル派な人も午前の早いうちからポジションをとるのが賢明でしょう。

しかし、午前から午後の夕方ごろまではユーロやドルと市場の大きいマーケットがクローズされていることもあり、比較的足は鈍くなる為替レートですが、かえって動きにくい時間帯だからこそ短い距離でFXを繰り返すのには向いています。 自動取引などを使ってこういう為替レートを狙うのもいいかもしれません。

夕方ごろからはドルとユーロの市場もオープンして動きが活発になりやすいのがFXのマーケットの特徴で、これをいかしたトレードをするのがメリットになります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ