金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

クリスマスが近いのにオセアニア通貨の値幅がすごい

12月22日、夜の9時45分。クリスマスが近い相場なのに本日から今までの豪ドル円の値幅は、なんと68PIPSもあります。NZ円の値幅は、もっとすごくて90PIPS。クリスマス相場になるからチャンスはないと諦めていたら、オセアニア通貨はやってくれます。こんなに動いて、大盤振る舞い。PIPSが獲得できるようにしてくれている♪値幅を見ると非常にありがたいと思います。

だけど、私はほとんど相場を見ておらず、どこのタイミングで動いたのか全くわからず。2つとも確認してみました。すると、どちらも東京時間の午前に陽線で上昇していました。この時間帯、動かないと思って相場を離れていました。天気が良かったので外に出て布団を干したり、庭のお花を見てのんびり過ごしていました。豪ドル円とNZ円を比べると、NZ円のほうが5分足で綺麗に押し目を作って上昇している。

わかりやすいチャートだ。朝の7時過ぎから上げ始めて、11時30分過ぎに特に大きな陽線で上げに勢いがついています。この瞬間を観察したかったなぁ。例えば、上昇トレンドで勝負したいならば、上昇トレンドで値が伸びていくチャートを生で観察することが大事。出来てしまったチャートでもいいのですが、生のチャートはろうそく足の勢いが感じられるので、感覚で覚えられる。

生の相場は、やっぱりフレッシュでいいですね!そして、現在はレートの勢いとチャートを交互に見て、相場の動きを感じています。ニューヨーク時間は、クリスマスが近いといっても他の市場よりはやっぱり活気があります。米国株や原油価格のニュースをチェック。

前日の米国株は、軟調な原油価格の影響で一時的にマイナスになったものの、大幅に下落した先週後半からの反動で上昇しました。現在の原油価格は、上値が重くなっているそうです。豪ドル円とNZ円は、底堅い原油価格を理由に本日上昇してきました。しかし、これでは意味がなくなってしまいます。原油相場が安定してないのが悩ましいです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ