金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

ゼロ金利から0.25%に引き上げ 参加したことがあるFOMCの思い出

12月17日、あと1週間でクリスマスが近づいてきます。年末は今年の締めくくりで大事な日だけど、クリスマスは幸福に満たされる1年で最高のひと時です。そして、特別な日。そんなクリスマスが訪れる前に一足早いプレゼントがFRBからありました。約9年半ぶりの米国の利上げです。

ゼロ金利から0.25%に引き上げられました。市場のみんなが待ちわびていた利上げが聖なる月の12月に実現したのです。発表前の事前予想は0.25%だったので、特別なサプライズはなかったですが、利上げに踏み切ったことは高評価です。残念ながら発表には参加できなかったですが、米ドル円がどのような反応をしたのかはチャートを見ればわかります。

最初買われて、上昇するのかと思いきや、今度は下げが始まり、発表前の水準を割ってしまっています。しかし、下髭の長い陽線で反発して、発表直後の水準まで戻っています。米ドル円はかなり上下に振れる激しい動きをしたことがわかります。自分、発表に参加していたら儲かったのかな?初心者の頃、何度もFOMCに参加していて、1回だけ大きく稼げたことがあります。

ちょうど円高時代から円安時代に転換する時期にあったFOMCで、東京時間に期待感から円売りが続き、それはニューヨーク時間までずっと続きました。様子見になるかなぁなんて思っていたんだけど、チャートを見ると上昇トレンドになっていたのでついていったら、利益を頂けました。東京時間が一番安値だったので、買ってずっと持っていれば50PIPS取れています。

私は含み益がゼロになるのが嫌だったので、少しでも利益が乗れば確定させて、また買うやり方でついていきました。チャートが上昇していることを知ったらもう押し目なんてお構いなし。勢いがついたら所かまわず買うという非常に危険なやり方でやっていました。でも、相場が良かったから負けなかったんですよ。そして、発表直後は円安に進んだので、またついていきました。1日何回もエントリーしましたが、負けなかったのが奇跡。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ