金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXトレーダー二年目が気を付けたいリスクマネジメント方法

よく二年目のスランプという言葉をききますがそれではFXの場合にはそれは通用するのでしょうか。 実はFXは一年目より二年目の方が引き締めていかないといけなくなり、けれどしっかりとできることをすることで伸び悩まないFXライフ二年目を迎えることができます。 それでは二年目をのぞむことになるFXトレーダーはどんなことに気をつけていけばよいというのでしょうか。

まずどうして一年目より二年目に気をつけてかというと、一年目はルーキーということもありFXトレーダーは様子を見ながらトレードをしているというところが無意識のうちにでも誰にでもあることだと思います。 人間の本能かもしれませんが初めて挑むことには誰だって慎重になりがちで、特に一年目は自分の大切なお金を使ってFXトレードをするということですから、とても気を遣っていたという人も多いことでしょう。

そのため一年目は利益も少ないかもしれませんが、その分大きな損失がないというトレーダーもわりと多めです。 けれど慣れというものはときに人を大胆にさせて、FXトレードではリスクをともなう選択をすることになりかねません。 それが二年目のFXトレードのいわば弱点です。

一年目にできていたリスクマネジメントが突如できなくなる、だからレバレッジを上げたり為替レート的に無理な取引をしがちになります。 これをきっかけにFXトレードから離れてしまう人もいて、とてももったいないことです。 なぜなら二年目はせっかく一年目で得た経験があるのにそれをいかしていけないなんて、FXトレードは経験値がものをいう世界で継続していればより利益をあげる可能性だってあります。

けれどそのためには慣れというリスクをいかにマネジメントしていくかです。 だからこそ二年目トレーダーは、一年目よりももっとリスクマネジメントに気を遣うことが必要なのではないでしょうか。 それが三年目四年目とFXトレードの経験値に結びつくはずです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ