金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

取引の仕方と信用取引・用語

株をひとたび購入すると、株価の動きが気になるものです。その日の株価の結果は翌日の新聞の経済欄やyahooファイナンスなどで確認できます。特によく聞く日経平均株価は東証一部の会社で各業種を代表する225の会社の株価を平均したものです。日経平均が変動すれば全体的にその傾向に株価が動くので、相場を見る一つの目安になります。その日の取引始めの株価を始値、取引終わりを終値、一番高い値段を高値、一番安い値段を安値といいます。

株価は長期的には企業の業績にランダムウォークを繰り返しながら連動していく傾向がありますが、短期的には買い注文が多いと株価が上がり、売り注文が多いと株価が下がります。買い圧力と売り圧力がバランスすると株価は落ち着きます。相場は企業の人気投票のような性質があるので、悪いニュースが出たりして業績が下がりそうだなという噂が流れると売りが多くなります。

反対に下がり基調が続いていると、これ以上損失を出したくない人の売りが落ち着いて、割安感の出た株を買う人が多くなるので株価は上がります。 単純な理由で株価は動いていますが、投資家は日々この動きに頭を悩ませているのです。1日のうちに取引を完結して、取引時間の終わりに全て現金ポジションにする取引をデイトレード、2日から長くても1週間で完結させる取引をスイングトレード、2週間から数年間のスパンで行う取引を中・長期投資と言います。

実際に始めていくと、自分にあった投資スタイルが確立していきます。 自分に手持ちの資金で株を買うことを現物取引と言いますが、慣れてきたら信用取引に挑戦していくのも面白いです。これは手持ち資金以上の株の取引ができ、最大3倍のレバレッジを効かせて売買できます。また、信用売り(空売りとも言います)では株価の下がっているときにも利益を出すチャンスがあります。レバレッジ分だけ損益が大きくなるので、まさにハイリスク・ハイリターンです。ですが、一気に増やしていったり、下げ相場でもり出すチャンスが生まれたりと信用取引には魅力が多くあります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ