金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

遊びでバイナリーオプションを楽しんでます

競馬やパチンコなどのギャンブルが好きなのですが、儲けようというよりはスリルを味わいたいという思いが強かったので勝ちたいという気持ちはあったにしても、あまりそこまで必死になって勝とうとはしていませんでした。 そのため、当然収支に関してはマイナスで趣味にしては少しお金がかかりすぎていたので、何かほかにもっと安く済むものがないかなと考えていたのです。 趣味にしてはお金がかかりすぎるといっても、私の小遣いから出る金額ですから大した金額ではなく投資などに回すというにも少額なので結局ギャンブルしかないかなと思っていた時に、バイナリーオプションを知ることになったのです。

FXは興味があって一時期調べたことがあったのですが、遊び気分でやるにはやはりリスクが高いようだったのでやめることにしました。 しかし、バイナリーオプションの場合には少額からでもはじめることが出来、損失も馬券のように購入代金を失いだけと知ってこれなら家にいながら楽しむことができるし、購入金額も少ないので長く楽しめそうだと思いはじめてみることにしたのです。

最初の内というのは完全に丁半博打の気分で取引をしていたのですが、確率的には二分の一なので勝ったり負けたりでした。 負けが続いたときなどは金額を増やそうかとも思ったのですが、丁半博打をやって金額を倍々にしていくのはリスクが高すぎると思い自重をすることにして、その代わりに勝ったらそのまま利益を転がしていこうと思ったのです。 これなら負けても金額は知れていますし、何回か連勝すればそれまでの負けを取り戻すことができるので遊びにしては上々だと思いました。

ところが実際にやってみると、これがなかなか連勝できずにそれどころか連敗をしてしまう始末でなぜこんな二択問題でハズレを引き続けるのだろうかと思ってしまいました。 しかし、負けたときには金額を増やすわけではないのでそれほど痛手もなく諦めずに続けていったところ、上手く連勝をすることができたのです。 何連勝かした後に今までの負け分だけを差し引いて、それをまたそのまま転がしてみたところ運よく次も勝つことができたのです。 さすがにその次に転がすのは勿体無い気がしたので、金額を三分の一に抑えた結果これまた勝つことができそれなりにまとまった金額を手にすることができたのです。 珍しくこのようなもので勝つことができたので、このまま溶かしてしまうのも勿体無いと思い自分なりに投資の勉強をしてその時の勝ち金を元手に投資をするようにしたところ、安定して利益を出せるようになり今では遊びから立派な投資になっています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ