金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

閑散とした相場です!こんな相場で出来るトレードを考えてみた

12月23日、現在は14時過ぎ。きのうの東京時間の相場はオセアニア通貨が動いたため、クリスマス相場の雰囲気がかき消されました。しかし、今日は祝日で東京株式市場がお休みなので、どのクロス円もまともに動いていません。本日こそ、クリスマス相場の雰囲気が出ています。アジア時間早朝に121円割れした米ドル円。結局121円に戻っていますが、参加者がいないため、限定的な値動きです。

そして、ユーロドルはここ最近上昇が続いている。今日を省いて3日連続陽線で終えています。ニュースで入ってきた日足テクニカル分析では90日線と200日線に上値を抑えられている。念のためチェックを入れるとこの線を完全に上に抜けられなくなっている。今日の状態は、3日続伸の反動から上値が重くなっています。レートの点滅ではすべてのクロス円に上値追いの勢いが見られない。

こんなときに勝負できる方法ってあるのかな?と考えました。取引単位が10通貨の海外のXMのマイクロ口座で1PIPS逆行するごとに損切りして、その位置から枚数を1枚増やしてエントリーしたらどうだろう?逆行するごとに繰り返すだけ。2枚が3枚になり、3枚が4枚に。これを20PIPSまで続けてダメだったら諦める。1000通貨で1PIPSは10円、100通貨では1円、10通貨では?と考えると驚くほどに少ない。

損になっても50円も行かない。この相場を利用して雀の涙ほどでもいいからコツコツ資金を増やしていけるというのも悪くない!なんて考えてしまいました。50円はある意味今年最後の運試しみたいなもの。でも、実際はやらない。閑散とした相場でもやってしまう人に見られる特徴は、ポジポジ病。でも本人は真剣にどうにかしたいと思っているに違いありません。

どうしてもやりたいならば大損にならないように10通貨から出来るところに口座を開設してやればこのようなトレードが可能です。失敗すれば資金を失うわけですが、損が極端に少なくて済むのが最大のメリットです。もしも、これでうまく行かなくて反省してポジポジ病が治れば、お勉強費用はお値打ちだと思いませんか?

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ