金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

閑散とした中、30分離れただけで豪ドル円が動いたと感じる

12月30日、午後から30分ほど太陽を浴びてきました。もっと浴びたかったのに、急に風が冷たくなってきたから家の中に入りました。今はリビングの部屋で暖房とテレビをつけて相場観察です。たった30分だけで変わるはずないって思ったけど、もう明らかに変わった通貨を発見しました。普段からよく観察している豪ドル円。30分前は87.70辺りにいたのに、もう87.84に来ています。

この価格は本日の高値付近に位置します。あと少し行けば、高値更新になるのかな?と気になるところです。相場観察のときに集中して観察する時間足について、私は日足、1時間足、5分足、15分足を見ることが多いです。ですが最近、ある人のブログと出会って、4時間足もしっかり見ていることに驚きました。その人は現役でトレードをやられていて、毎月100万円以上稼ぐすごい人です。

エントリー方法の解説のほかにトレードの心構えも日記形式で書いてあって、勉強になることが多いです。それで4時間足を見ていたことを知って、私も見ようと思うようになり、最近は4時間足も加えるようになりました。豪ドル円の4時間足を見ると、こんな風になっていたんだと新たに発見がありました。12月22日から87円から88円までのレンジになっています。

1時間足を見ると、87.60を飛び出してブレイクしているチャートになっています。買いたくなるようなチャートになっていますが、4時間足で88円になかなかいけない状態を見ると、様子を見たくなってしまいます。しかも、上髭下髭が激しく出ているので、やっても上手く行かない可能性が見えてきました。5分足を見ると、87.90で何度も弾かれています。

1回87.60まで押し戻されたけど、反発して87.86まで戻ったことが分かります。でも、あとちょっとのところでタッチできなかった。今は中途半端な位置にいるのでエントリーは難しいです。米ドル円の様子も見ると、高値から遠ざかって安値更新中でした。その他の通貨も出来そうにありません。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ