金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

米ドル円の行方を辛抱強く見守った昨日! 今日の米ドル円は?

12月29日、もうすぐ夜8時になります。前日の米ドル円は120円後半でしぶとく推移していました。そして、もっと上に行こうとする姿勢を示していました。大きな陽線で上値を伸ばそうとすると120.60辺りが抵抗線となり、弾かれてしまいました。

でも、東京時間からニューヨーク時間が始まるまでずっと粘っていたんです。上に行けずに下押すのか、もう一度挑戦するのか見ていたくてチャートを観察していました。でもそれは長い長い戦いで目が疲れてきました。16時を過ぎると眠たくなり、布団に入りました。夕食を食べてから再びチェックすると、戦いの最中でした。まだ上を目指そうと踏ん張っている様子。米ドル円、粘るなぁ。

こんな通貨だと思っているから特に驚かないけれど、これがオセアニア通貨だったら珍しいと思ってしまうよ。オセアニア通貨は上に行ったり下に行ったりと安定しないことが多いから、よほど好材料が入っていない限りスキャルピングは難しい。それにレンジ上限を広げるよりレンジ下限を広げることが多い。動きが分からないから大変です。それで、頑張っていた米ドル円の結末を見守り続けていたら、ついに答えが出ました。

米ドル円、やっぱり上値が重くて上には行けなかった。120.52から120.40まで下押ししました。ずっと忍耐でパソコンの前に張り付いていたので相当疲れました。本日の米ドル円は120.23が安値で、120.49が高値。上値が重いのが現実ですが、結局また120円後半を目指す動きです。今日はあと1PIPSのところで120.50に届いていない。

これを見て、惜しいと思った。これは奇跡的なこと。そして、今気になることは米ドル円が120.50になるのかどうか?今日は昼間ゆっくり寝て目が冴えているから夜の10時過ぎまで見守る準備ができています。ただ、クリスマス明けしたものの、年末の準備で忙しく、薄商いなのは変わらないので、記事を読みながらの相場観察になる予定です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ