金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

記事を読んでFXが上手に出来るようになるコツを学ぶ

12月30日、米ドル円は120.36までレンジ下限を広げて東京時間に動きました。でも、値幅は20PIPSちょっとで、あまり動かなかったと言えます。他のクロス円を見ても少ない値幅なので同じことです。こんなときしかゆっくり記事を読む時間がないので、今は読んでいます。どうしたらFXが上手に出来るようになるのか?について、なるほどと思うことが書かれていました。

トレードに回す資金についての考え方でなるほどと思ったのが、上手に出来ないと自分が感じているのであれば資金を減らして行うこと。FXをする人で多いのがいきなり多額の資金をつぎ込もうとすることです。FX失敗談の記事を読むと500万円近い金額で始めたのに、相場が急変して一夜にして資金を失って退場になったというような内容に出会うことがあります。

慣れていないのにいきなり多額の資金をつぎ込むとこのようなことになるから、資金を減らしてトレードを行うことは後悔しないための近道だと思いました。それから、デモトレードでは勝てていたのに本番では成績が上がらなくなったという悩みに対するアドバイスも取り上げられていました。原因はプレッシャーだそうです。デモトレードだと緊張感がないために、多額の資金でやってしまいます。

それで勝てたとしても本番はプレッシャーに負けて損切りできなかったり、損切りを遅らせてしまうことになります。つまり、勝てないのは資金と釣り合いが取れていないからだそうです。だから、実際やろうと思っている資金量でデモトレードをやってみるのがいいそうです。その悩みに対するアドバイスを読んで、普段の生活でもよくあることだと思いました。

例えば、人前でスピーチをしなければいけないとき、自分の前に人がいることを想像して何回も練習します。できる!と胸を張って言えるところまで練習をして本番を迎えると、頭が真っ白になってスムーズに話せなくなる。こんなことは誰でも1度はあると思います。原因はうまく話さないといけないというプレッシャー。FXだけでなく、普段の生活でも無意識のうちにいろんなプレッシャーを受けています。上手にコントロールする努力が必要だと思いました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ