金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

クリスマス当日。なのに年末の雰囲気も入ってきた。

12月25日、きのうはクリスマスイブで、本日は本物のクリスマス♪東京時間の相場はやっぱり動いていません。前日もあまり動かなかったけど、今日はほとんど動いていません。いよいよ、今年の総まとめだなと感じます。家の中でシャコバサボテンとシクラメンを鑑賞したのがきのうのこと。今日は家の外に年明けを祝う門松がこっそりと出されていました。私のところの門松は手作りのもので、これが門松なの?と思ってしまうほど地味です。

出した家族に尋ねてみると、可愛いし天気がいいから、日光浴のために出したそうです。クリスマスイブとクリスマスではがらりと変わっちゃうんですね~。クリスマスが終わればいよいよ年末が迫ってきます。年明けの準備で忙しくなるので、チャートとのにらめっこは今年いっぱいはお預けです。どんなに忙しくても注文を入れるのは1分もあればできます。

ですが、このような環境で持ったポジションというのは、冷静に考えて持っていませんから失敗に終わる可能性が高いです。休み明けになると動き出すことが多いので、トレードしたいなぁと思ってしまいますが、大事なお金でやることを考えるとやっぱり我慢するべきだなと思っています。そこで自分が我慢が限界に達してポジションを持ってしまうようなことがあれば、ポジポジ病を疑います。

私はFXを始めたとき、決まった場所を行ったり来たりするレンジ相場が大好きでした。適当にエントリーしても値が戻ってくるんですよ。チャートなんて見ないで天井付近でエントリーしてしまったことがありました。あとから気づいてしまったと思いました。だけど待っていたらちゃんと価格が近づいてくるんですよ。まとまった利益を取ることは困難でも、損を大きくする前に切ることができます。

レンジ相場が続く限り、このようなことが出来るのでレンジはある意味で便利です。この便利さがかえってポジポジ病を加速させて悩みましたね~。治したくても治せなくて。でも、今現在はちゃんと治っています。治すきっかけとなったのがレンジブレイク。一瞬にして積み上げてきたポジションがダメになった嫌な経験をすると、いとも簡単に治りました。それ以来、再発はしていません。ですが、今ちょっと危ない感じ。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ