金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXは臨機応変に対応していかないと上手く行きません

私がFX投資を始めたきっかけは、なじみの本屋さんでFXに関連した書籍を読んだからです。 何か効率よく資産が増やせる方法はないもかと思い、私は書店の金融や経済のコーナーに行きました。 そしたらFXに関連した書籍が、ずらっと並べてあったのです。 前々からFXの事はテレビや新聞などで聞き知っていましたが、ココまでの人気があるとは知りませんでした。

これだけ人気があるならやってみる価値があるかもと思い、私は数ある本の中から一冊の本を手に取り読んでみました。 私が読んだ本にはFXの特長が記載されており、こうこうこうすれば上手く利益が出せると書いてあったのです。 書籍に書いてあった方法はそれほど難しい事でもなかったので、これならFXに詳しくない私でも上手く出来そうな気がしました。 そこで私はこの本を買い求め、家でじっくりと読んでみたのです。

本をじっくり読みこんで更にFXに対する興味がわいた私は、ネット上のFXに関するサイトも見て見ました。 サイト上には上手く行った方法や失敗談などが載っており、これからFX投資を始める私の良い勉強になってくれたのです。 そして私は知識を十分蓄えられたので、証券会社に口座を開いて、FX投資を始めたのです。 私は絶対に損失を出したくなかったので、本に載っている取引法を忠実に真似をして、失敗談の様な取引は絶対にしない様にしました。 これで私は、上手く行くと確信をしました。

確かに本に載っている方法で上手く利益が出せる時もあったのですが、上手く行く時ばかりではなかったのです。 上手い具合に利益になった時は良いのですが、含み損が発生してしまった時には損切りのタイミングがどうしても上手くつかめず、利益以上の損失を出してしまいました。 それによって利益よりも損失の額が多くなってしまい、いつまで経っても利益が増えてはくれませんでした。 ココで私は気付いたのです。

本やサイトに載っている方法を忠実に真似をしたとしても、決して利益が出せるとは限らないのだと悟りました。 それ以来私は本やサイトの方法を当てにはせず、臨機応変に取引法を変えるようにしています。 ですからこれからFX投資をしようとお考えの方は、本やサイトの取引法はあくまで参考程度に留めておくのが賢明かと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ