金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

12月25日。マーケットが終了しました(^^)/

12月25日、現在は夜の20時過ぎです。クリスマスの今日は東京株式市場が終了すると、欧州市場と米国市場が休場のため、早めに取引が終了しました。入ってきたニュースをチェックしたり、通貨の日足分析のレポートを読んでいたら、急にレートの動きがストップしたのでびっくり。何が起こったのか見たら、マーケットが早く終了していました。

28日まで取引できないということですので、掃除したり、出かけたり、好きなことができますね♪会社のホームページにログインしたら、日経平均についてのレポートが入っていたので今それを読んでいます。日経平均は5日続落で取引を終えています。そう書いてありました。円高気味の日経平均、かなり心配ですね~。

米国の利上げが決定すると、日本株は買われる傾向にあると予想してあったものがあり、それならクロス円は底堅くなると安心していたのも束の間でした。私が描いていたシナリオは完全に崩れて、現実は原油価格の下落に振り回される展開でした。そればかりではなく、東京時間午後の日銀金融政策決定会合で補完措置が発表されると、参加者たちの混乱を招き、日本円が急騰する事態が起きていました。米ドル円はその頃からすでに円高傾向。

日足を見ると12月18日から1回も陽線が出ていません。この日は金曜日で、日銀が補完措置を発表した日です。それから調子がくるってしまいました。123.50から下落が始まり、本日まで下げ続けた結果、120.04まで来てしまいました。円高圧力が加わってクリスマスの今日、終了したわけです。

米ドル円と日経平均は今後どうなっていくのでしょう。5日続落は心配ですよ。ニュースを読むと、為替相場を円高にさせたのは12月に開かれたFOMC、需給要因だと言われています。FOMCで利上げが実施されればドルが買われ、円安のシナリオは、覆されてしまいました。米ドル円がやりやすくなるのかと思っていたから、なんか残念です。そして来週も、今週のように材料は少ないです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ