金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXのもうひとつの稼ぎ方「スワップポイント」の運用

FXで利益を挙げるには、「外貨を安く買って、高くなったら売るの」もしくは「外貨を高く売って、安く買い戻す」といった為替レートの変動を利用して利益を出す「為替差益」が特徴です。しかしもう一つ、金利差を利用して利益を出す「スワップポイント」も魅力になります。  安定した収入が得られる 「スワップポイント」とは、取引している2つの国の間の金利の差によって発生する利益を得るという方法です。

いわゆる預金でいう金利になります。「為替差益」に比べて利益は少ないですが、安定した収入が得られるというのが特徴です。現在の日本の金利は非常に低いです。銀行等に預金してもその利息は微々たるものです。一方、豪ドル円、NZドル円、ランド円などの通貨ペアで、買いポジションを建てる事で、スワップポイントを毎日受け取ることができます。

スワップポイントを狙っての取引は、FXの初心者はもちろん、上級者の方や、仕事で忙しいサラリーマンの方など、多くの方が実践している取引手法になります。 外貨預金との違いと特徴について 外貨の金利は日本に比べ高い水準でもあり、外貨預金をされる方は増えています。外貨との金利差で利益を挙げる事が出来る事から、外貨預金に似ていると思う方も多いです。

事実「スワップポイント」も外貨預金と同じく、金利の高い外貨を購入する事で、その利息を受け取る事が出来ます。両者の違いは、主に手数料と資金運用方法になります。外貨預金では、とにかく為替手数料が高いです。例えば1ドルにつき買って売っての往復で数円は負担を強いられます。一方FXでは、手数料は無料になっているケースが多く、代わりにスプレッド(買値と売値の差)が発生しますが、1ドルにつき数銭前後と非常に安い手数料となっています。

事実、FXだと外貨預金に比べて手数料が格段に安いので、外貨預金の代わり利用してみる方は増えています。又、肝心の資金では、外貨預金では外貨購入分だけの費用が必要になりますが、FXの場合では、レバレッジを利用する事で、少ない資金で数倍・数十倍もの資金運用を行う事が出来ます。

具体的には1ドル100円の場合で10,00ドル運用するならば100,000円が必要となりますが、FXなら、レバレッジの設定で1/2や1/10の資金で運用する事が出来るという事です。年利換算すれば、それが数%から一気に数十%にも跳ね上がる為、非常に資金効率は高いといえます。

ただし注意したいのは、高いレバレッジは同時にハイリスク・ハイリターンとなるという事です。ですので、初心者の方では2倍から5倍くらいに抑える注意が必要です。 この様にFXでも「スワップポイント」に運用は外貨預金を予定している方にとっては、とても魅力な取引という事になると思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ