金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

外貨預金からFX(外国為替証拠金取引)へ乗り換えしました

就職しだしてから、毎月コツコツを国内銀行の定期預金を行っていました。しかしながら、定期預金の金利はとても低く、100万円を1年預けてもその利息はわずか数百円と魅力を感じる事はありませんでした。そこで始めたのが、外貨預金でした。運用したのは、今での人気の高い豪ドルです。確かに表面金利は当時で5%以上はあったと思います。しかし実際に運用してみて驚いたのが、為替手数料が高いという事です。

折角利息がついたと思っても、手数料でかなり引かれたり、円高傾向が強いと損失をこうむるなど、良い事がありませんでした。そこで注目したのが、FX(外国為替証拠金取引)でした。FXを知ったのは友人のすすめでもありました。FXの特徴のひとつに、少ない資金でもレバレッジを使用する事で、数倍もの取引が行える事です。始めた当初は1万円からスタートしましたが、レバレッジを10倍にして瞬く間に1万円程の利益を上げる事が出来ました。

FXは、簡単にいえば、相場の上げ下げを読むだけのハイアンドローゲームともいえます。つまり、勝率は2分の1なので、何も知らない初心者でも一発目で大勝することもあります。実際取引を開始して初日で利益を上げる事が出来たのは、いまだから解るのですがまさにビギナーズラックです。しかし、根拠もなしに、そんな運だけに頼る取引を行っているのであれば、瞬く間に資金は底をついてしまいます。

事実、2週間もしない内に投資した10万円は消えてしまいました。資金は失いましたが、それでも外貨預金に比べて、手数料が安い事や、円高傾向でも円安傾向でも両局面から取引を行える事は、大きな特徴でもあります。又、デイトレードを好まないケースでは、少ない利益にはなりますが、スワップ金利で利益を得る事も可能です。このスワップ金利は外貨預金で受け取れる利息収入みたいなイメージになります。

FXのスワップ金利では、外貨預金とは違い毎日金利収入がもらえる特徴があります。更には、レバレッジを効かせる事で年利数十%の高金利を得る事も可能です。ちなみにスワップ取引で人気の通貨は、豪ドルやNZドル、南アフリカランドです。円安傾向が高い今の時代、為替差益とスワップ金利収入を両方得られることから、特におすすめといえます。

この様に外貨預金に比べてリスクは多少高くなりますが、それでも資産を増やすスピードは各段に早い為、FXは魅力があります。FXを行うにあたり、気をつけたい事は、損失が出たときに早めの決断を行う事が大切です。もう少し待てば、傾向が変わるなど当ても無くだらだら引きずる事は、殆どといっていい程損失に繋がります。すなわち、いかに少ない損失で抑える事ができるかが、FXで利益を得る秘訣だと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ