金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FX初心者でありがちなミスについて考えてみました

気軽な資産運用のひとつにFX(外国為替証拠金取引)があります。ここ数年でテレビや雑誌などでも話題となり、特に普通の主婦やサラリーマンにも人気がある事から利用者は各段に増加しています。事実、私の周囲でも多くの方が行っています。しかし何故にそこまで人気があるのでしょうか。

株式投資との違いについて これまで資産運用の代表的なものに、株式投資があります。しかしながら、株式投資は1企業のものでもあり、その企業の業績に左右される事、しいては企業の問題等でその価値は瞬く間に下落し、倒産でもしてしまえば紙くず同然になってしまうリスクがあります。その点、FXでは外貨の取引になる為、その通貨を発行している国がデフォルトに陥らない限り、価値がなくなる事はありません。

もちろん大暴落が起きたとしても、事前に対処する事でリスクを最小限に抑える事が出来ます。又、必要資金は株式の場合は最低でも数万円から数十万円の費用が必要になってきます。一方FXでは、最低数千円程度から始める事が出来ます。そして少ない投資金額でも、レバレッジの活用で数倍、数十倍もの資金を運用する事が出来るのも特徴です。更には、株式投資であれば銘柄選びが大変です。

一方FXでは、通貨を選ぶ事になるのですが、多くても数十種類程度と少ない為迷う必要もありません。 初心者にありがちな落とし穴 FXを始め間もない頃に利益を挙げる事ができるケースがあります。いわゆるビギナーズラックです。FXはいわゆる「上がるか下がる」を予想するハイアンドローゲームに近い感覚があるからです。すなわち1/2の確立で利益を挙げる事が出来る為、誰でもこういった状況になるケースはあるのです。

私も経験があるのですが、事実、取引を開始して数分の内に利益を挙げる事が出来ました。と同時に「簡単」という感覚があったのを覚えています。しかしそんな根拠もないまま、始めた取引は通用せず、資金はあっと今に底をつきました。 FXで気をつけたいポイント 手頃なFXでも気をつけたいポイントはいくつかあります。先ずは、レバレッジの活用です。確か10倍20倍もの設定を行えば、資金効率としては非常に有効になります。

しかし相場の読みが外れた場合には大きな損失に直結するという事です。ですので、先ずは2倍から5倍程度の運用から始めるのがおすすめです。そして初心者の方によくあるのが、損切りの設定です。これは、相場の読みが外れた場合に一旦その取引を中断する事です。「もう少し待てば値が変動する」などと、根拠もないまま、ダラダラと取引を行ってしまえば、瞬く間に資金が底をついてしまいます。

FXでの相場変動は時間との勝負でもある為、早めの見切りをつける為にも損切り設定は欠かせません。ちなみい1回あたりのトレードで許容損失額は総資金額1%から2%で設定される事をおすすめします。 FXは誰でも手軽に始める事ができるのは事実です。しかし簡単だからこそ、実に置くが深い資産運用でもあります。確実に利益を挙げる為には、基本的ルールと、ある程度の相場の流れ、適正な資金管理を行う事がとても重要だという事です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ