金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

ロットを相場によって使い分けることが大切

12月30日、明日はいよいよ年末です。美味しいものを気持ちよく食べたいので、夕食は軽めにしておきました。野菜サラダに卵焼きに魚のフライが1つ。これだけしか食べていないのに、頭のほうは冴えています。食事をしっかりとらないと栄養不足に陥って風邪を引きやすくなるとか貧血で倒れてしまう!なんて先生や両親に教えられていましたから、毎食しっかりと食べないといけないと思っていたし、かえって頭がボーッとするのではないかと思っていました。

だけど、軽くしてもどうもなかったので、よかった♪最近では断食とか腹八分目を推奨する考え方が浸透しています。詰め込みすぎは万病のもとになるということでこのような考え方が広がったわけですが、私はちょっと半信半疑な部分がありました。でも、たまにはいいかもしれないと思います。自分の体と相談して調節して行けば倒れることはないでしょう。トレードでも自分の資金量を調節して行うことが大切です。

ハイレバレッジで勝負するのは危険だから、ロットを落として行わなければいけないと言われていますが、私の意見として、相場を選んで使い分けることが必要だと思っています。よくわからない相場でどうしてもやりたいなら、普通よりもっとロットを落とすべき。普通の相場だったら普通のロットか、もう少し増やしてもいいと思っています。

そして、明確な方向感が出ていてよほど自信のある相場では、場合によってはハイレバレッジ勝負もありかなと思っています。だって、相場を見ていると24時間開いているのに、まともに勝負できる相場は極端に少ないです。こんなときこそやらないとチャンスってないでしょ?って思ってしまう。

FXという勝負の世界で感じることは、メリハリが大切ということです。力を入れるところと抜くところをうまく使えば、大負けしたり、少しも稼げないなんてことにはならないのではと思います。そして、そのほうがいい成績になりそう。もしも、どうでもいい相場で全力勝負して負けてしまえば、理想的な相場で堂々と勝負は難しいでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ