金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXについて学べ!1人で黙々と記事を読んでいる夜20時過ぎ

12月27日、現在夜20時過ぎ。FXの勉強ついでにFXに対する意見の記事を読んでいます。仲間の意見が聞きたい。みんなどんなことを考えてるんだろう?気になる。知ると学ぶことがあるし、みんな頑張ってるんだなぁ!と背中を押されることがあるから仲間の記事を読むことは私にとっての大事なエネルギー源。

FXを始めたけど、途中で諦めてしまった人、現役で頑張っている人、続けようか迷っている人、始めたばかりの人などいろんな人がいる。私が気になるのは、その人たちの意見。FXを始めたけど辞めてしまった人の意見で多かったのが、突然の大変動が起こり、ロスカットになり、やめざるを得なくなった。

その大変動にはリーマンショックがありました。100年に一度といわれる為替の大変動で、通貨は一気に円高方向に向かいました。それがリーマンショックです。このとき為替が暴落するなんて思っていなかった投資家達は、スワップ狙いのハイレバレッジ取引で資産を築くことに夢中でした。読んでみると、スワップ狙いの取引をしていた人が多い印象。

今は25倍に制限されてしまいましたが、リーマンショック前は400倍までレバレッジをかけることができました。しかも、リーマンショック前は今のように安定しない相場とは違い、ハイレバレッジで米ドル円やユーロ円を買っていれば円安に振れて儲かる相場だったらしい。私はその頃、まだ学生でFXには手を出していませんでしたし、FXって聞いてもなんのことだか理解できていません。

何かのブランドの車?とか、男の子が好きそうなアルファベットだな!ぐらいにしか思っていなかったはず。それから約7年経って、FXを知らない人にもレバレッジをかけてする為替取引のことだよ!なんて、説明してあげることができるようになりました。通貨だって覚えたし、チャートを見て取引している自分がいます。

まさかこんな風になるなんてあの頃は思っていなかったのでびっくりです(=゚ω゚)ノ私は約3年間相場を見てきました。今年2015年は3年の中で一番相場が大きく動いたとか荒れたという印象。もう最初から危ないと分かっていたので予防できました。リーマンショックのような大相場が今後いつやってくるのかわかりません。

多分しばらくはないと思っていますが、失敗談からハイレバレッジ取引は危ないと教えてもらった教訓を活かして、まじめに取引していきます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ