金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

いつも見ている東京時間の相場を今日は見なかった

12月29日、今日の相場観察は、とても軽めな相場観察です。いつも東京時間から相場を見ているのに、今日は東京時間はスルーして、欧州時間の途中からとなりました。頑張りすぎて体が黄信号を放った気がしたので、目を休ませました。午前中は天気が良かったので日光浴ばかり。午後はスペシャル番組を観て過ごしていたのですが、途中から目が疲れた感じがしたのと眠くなったので、布団で横になったら寝てしまいました。

気づいたら夕方で、ああスッキリした!と爽快感がMaxでした。目がショボショボから目に潤いが戻ってきた。しかもそれは、目薬の力を借りてませんし、睡眠で脳を休めた私自身の選択が正しかった♪トレード技術を向上させるために、とにかく相場を見て何かを感じること(*^-^*)これを実践していますが、やる気はあるのに体が疲れていたり、脳が疲れていたりで、いまいち集中力がついていかないことがあります。

日光浴したり、たまに運動したり、栄養のある食事をしたりと万全な状態になるように心がけているのに、1年で見ると体がついてきていない!なんてことがかなりあります。初心者の頃は、力の抜き加減を全く知らなくて、すべてが全力で、目を見開いて神経をとがらせて相場を見ていたので、すぐに体のどこかがだるい!ってなって大変でした。1ヶ月のうち10日ぐらい頭が痛いとかだるい症状に悩まされていました。

真剣すぎて、かえってそれが空回りして、トレードデビューしたのはいいけど私にFXは向いてないのかな?って思ったことがありました。でもそれは私の勘違いで単に自分の限界を知らないだけでした。続けながら、体調が悪くなった日には必ず前日に自分がしていたことを思い出すんです。食事内容とか睡眠はどうだったのか?目を使いすぎなかったのか?などを見つめます。

すると、カップ麺だけの適当な食事だったり、夜に何回も携帯を開いて相場を見て睡眠の質が落ちていた!なんて必ず思い当たることがありました。体調がすぐれなくなるたびに振り返って調節することをしていたら、気持ちよくできる日が増えてきて、すべては自分の努力次第って思ったんです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ