金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

相場が自分の目で確認できるときしか取引はしないほうがいい

FXをはじめたきっかけは同僚に紹介されたからでした。それまでになんどかネットの記事とかで読んだことはあったのですが、いまいち仕組みはわからないこともあり踏み出していませんでした。 そうしたときに会社の同僚が2日で5万以上勝ったという話を聞いて、これは自分も取り組んでみようと思ったことがきっかけでした。

ネットで調べるとまずは口座を開く必要があるので、どの会社にするか選択する必要がありました。最初だったので大手がいいだろうと思ったので、申し込みは外為どっとコムにしました。 口座を開いて実際に取引を始めたのですが、最初は値動きにかなり一喜一憂の状況でした。またどこで決済するかわからなくて、ずるずるマイナスのお金が増えていってしまうことも経験しました。

元手の金額は20万から始めたのですが、始めて一か月もたたない間に半分の10万円程度になってしまいました。このままではすぐに元手の20万円もゼロになってしまうと思い、そこからは真面目にというか、かなり慎重に取引を行うようにしました。

FXで相場が動くときというのは、アメリカの雇用統計発表時など、いろんな要素があるのですが、そういったときは自分の想定した以上に相場が動いてしまうので、うまくやればかなり儲けることができますが、一歩間違えると大きくマイナスに振れてしまう可能性も高いです。そのため、そういったイベント時にはポジションを持つことは極力控えるようにしました。

相場がどう動くかわからないというのは大きな理由ですが、それ以外にも常に相場を確認できる状況にないことが多かったので、自分の目で直接判断できないときは極力ポジションを持つことは止めた方がいいと思ったからです。 それからは、だいたいは仕事から家に帰って取引をするようになりました。取引時間が短いので、相場も大きく動くことは少ないですが、その分大きくマイナスになる可能性も低いので、今は夜の取引のみで続けいいる状況です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ