金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

体をほぐそうと家の外へ!それから相場観察

12月28日、午前中曇っていたけど太陽が出るときもあったので、体調を整えようと外に出てストレッチをしました。太陽が出ているときがチャンス♪光を浴びながら体を動かすとセロトニンが取り込まれて体にスイッチが入る。自律神経を整える役割のほかに精神的な疲れをほぐす効果も持っているので、このときが一番いい時間。少しの時間でも利用して体調が整ったら集中して相場を見ていられます。

わずかな時間を日光浴と運動の時間に投資する覚悟で外に出たのですが、私が出た瞬間に翳りを見せました。諦めて中に入ると再び太陽が照りました。あきらめずに再挑戦です。今度はもっと当たることができました。トータルでは少ない時間しか浴びれなかったけど、前かがみになっている時間が少なくて、体中の筋肉がほぐれました。それから、相場を見ていました。

日経平均はコロコロと移り変わる不安定な状態ではなく、はっきりと様子見であることがわかる動きをしていました。はっきりと値動きが分かればレンジであろうと下落基調であろうといいのです。はっきりした動きが一番いい♪それがきっと多くの人にとって優しい相場であるはず。それって人間にも一緒のことが言えるよね。

辛い時に辛いと素直に言ってくれるほうが相手を理解しやすいし、今疲れてるんだぁって思うとそっとしてあげることができる。何をしてあげたらよくなるのかわかるからいいなぁと思う。それが機嫌がよくなったかと思うと急に機嫌が変わってしまえば、もうどうしていいのかわからなくなってパニックになる。それが相場の場合だと荒れ相場の動き。最初はこんな相場に悩んでどうしていいのかわからなかった。

すべての相場でトレードできる人こそプロだと思っていました。だから、よくわからない相場でも戦わないといけないと思い、一生懸命処方箋を探していました。だけど、あるとき専門の人が書いた記事を読んで、( ゚д゚)ハッ!としました。

プロとはどんな相場でもやれる人ではなく、出来ない相場では思いっきり休み、出来る相場では思いっきりやる!みたいなことが書かれていました。そうなんだ。すべての相場で上手にやろうとしなくていいんだと思ったら楽になりました。今は、わからない相場との付き合い方はただ1つ。わかるまで手を付けないことです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ