金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

2015年のFX取引結果を振り返ってみて思うこと

FXを初めて、かれこれ10年ほどです。良い時もあれば、悪い時もあって、大概が悪い方と言えるのは私の実力不足たる所以だと思います。もし実力があれば、どんな相場でも勝つことが出来て、仮に負けても大負けはしないと思います。そんな私の今年一年間は途中から、手法を大きく変えました。夏過ぎから、このままではいけないと気付き、結果的にはなんとか珍しくプラスで終える事に成功しました。

本来なら何千万円も稼ぐ計画なのですが、気が付くとマイナスで一年の取引を終えるのが当たり前だったので、プラスで終えられてホッとしているのが正直な感想です。手法を変えたのが、偶然なのか良い方向に動いたと思います。以前は移動平均線や平均足などを多用していたのですが、人と同じだと勝てないのは相場の定説です。もちろん勝てる人もいるでしょう、しかし最後には自分独自のオリジナルの何かがあるはずなのです。

私にはそれが足りないと思っていました。よって、今ではチャートには一切、移動平均線すら表示していません。 FXとは何なのか、年末になると毎年考えます。今までここまで夢中になる物は、出会った事がありません。頭の中は常にFXで一杯で、どんな事をしていても頭の片隅には、新たな手法や其の手法の勝率がどれぐらいになるのか、計算する事ばかりです。

そんな生活なので負けたお金以上に大きな物を失いました。人付き合いが苦手になり、FX以外は退屈に感じるようになったのです。しかし、後悔はしていません。個人的にはFXで勝つにはメンタルが最重要で、その為には凡人なら変人になるしかないのです。FXでなくても、社会で活躍している、または成功者は全員が変人でしょう。それにのめり込み、どっぷり嵌ると他の事には興味や関心がなくなるのです。

私は何年も負け続けてきましたが、大きな損失は最初だけで、後はありません。あともう少しでプラスで終えられるのに、結局勝てなかったというのが多かったのです。これが、悔しくて止める踏ん切りがつかなかったと言えます。それが、良かったのか悪かったのか、来年には分かると思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ