金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FX歴3年です。トレーダーを引退したくないと今の段階では思う

これからも現役トレーダーとしてやっていきたい人がいる反面、専業トレーダーを引退したいと考える人も中にはいるみたいです。トレーダーを続けるかどうか?をテーマにした記事を読んでいます。私は、FX歴3年になりますが、まだまだ初心者の域を抜け出せていないのかも!と思っています。メンタル面で考えれば初心者の頃と比べて秀でてきました。

トレードしたくなっても理解できないチャートになっていれば、ポジションを持たない選択ができるようになった。ポジションを持って損切りにあっても、相場のせいにしたり、物に当たったり、気が狂ったように大声で泣いたりしなくなりました。かつての私は、トレードしたい気持ちを抑えられずにポジションを持ってしまい、後から後悔の連続でした。

持たないと利益になるチャンスはないと思って焦っていました。完全に冷静を失って持ったポジションがいかに多いことか。結果はやっぱり正直で、無駄な損切りが増えました。エントリーするとほぼ高確率で報われないポジションたち。そんな現実を目にすると、イライラしてきて感情を抑えることが出来ない。

たくさん挑戦しても報われない現実に、どうしていったらいいのかわけがわからなくなり、頭全体が霧に覆われました。苦しすぎて、メンタルの勉強をせざるを得なくなりました。そこで、自分の未熟さに気づいて真剣に直そうと思い、いくつもの小さなことを積み重ねました。イライラしたら、いい状態ではないから我慢してパソコンを閉じて寝る。

損切りになったら、自分が悪いとか相場が悪いのではなく、素直に運命を受け入れる。無理やりでもやっていたら、気づくと動揺しにくいメンタルが形成されていました。メンタルはいい感じになってきて、あとはトレード技術を高めるのが課題です。せっかく良くなってきて、まだまだ希望はあるので、今のところ引退する気はありません。

生活費を稼いでみたい、自分へのご褒美として500万円ぐらいする上等な車を買いたい、安心して長く過ごせる一軒家を購入したいなど、今の自分はまだまだFXに熱い夢を抱いています。これが完全に無理だと思えれば、初めて引退を考えると思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ