金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

デイトレーダー向きのポンドの魅力とその性格

通貨といえば世界で有名なドルやユーロを思い浮かべて、FXではそれらの通貨を取り引きしているという人は圧倒的に多いと思います。 やっぱり耳慣れた名前が信頼にもむすびついたり取っ掛かりやすさをつくっているのかもしれません。 流通量の多い通貨はより流通量が大きくなるのが頷けます。

しかしFXの世界にとっていちがいにメジャー通貨がいいともいいきれないふしがあるのですが、それはなぜかというとメジャー通貨がだからこその弱点があります。 それは通貨価格が動きにくいというところです。 もちろんその通貨価格が動きにくいというところはある意味強みで、より大きくFXに投資している人ならそれをメリットに感じられる割合は増えてくると思いますが、しかしFXに参加しているのは何もお金持ちや資産家だけではありません。

普通のサラリーマンや主婦だってFXを今や当たり前にしていてもおかしくない時代です。 そうなると、そういう一般的なむしろ大半の人たちはFXに投資する額というのも限られてきます。 そういう少ない投資金額の人たちがどうやって儲けるかどうかというと、ずはり為替レートの値動きにちがいありません。

そのためドルやユーロをのように値動きにはっきりしない通貨は儲けの利益幅が少ない状態で固定されがちです。 なのでFXトレーダーにとってはいちがいにメジャー通貨がいいとは言い切れないものなのでしょう。 それでは値動きに魅力のある通貨といえば世界でどんなものがあるのでしょう。 というと、例えばイギリスポンドなんかも値動きに一喜一憂しがちな通貨といえます。

イギリス人の気質を表してるのかポンドは一日のうちの値幅も割とあり、デイトレーダーにも比較的よく好まれる通貨です。 イギリス人の賭好きという性格がポンドに反映しているのかもしれませんが、だからこそポンドは気難しい通貨ともいえます。 なぜなら一日のうちの値幅もあり一見すると読みづらい通貨とも言い換えることができます。

そのためいくら利幅目当てでもポンドに初心者が飛びつくのは時間が必要かもしれません。 自分のFXトレーダーの力量にあう通貨を見つけることが大切です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ