金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

専業トレーダーと早く言いたい!億稼ぐ天才トレーダーを思い出した

何億稼いでいた天才トレーダーの記事を読んだことがあるなぁ。ベッドの中でゴロンとしているところで、ふと思い出しました。今年ももうすぐ終わりに近づいている!なんて思っているときに、急に思い出したのだ。何億稼げる天才トレーダーが、一瞬の相場の変動によって資金が何十万単位まで減り、FXを引退した。こんな内容の記事を読んだことがあります。

そのときは、派手に勝つことよりも、地味でも安定して勝ち続ければいい!ということを思いました。今、再びその記事が頭に蘇ってきたとき、私は別のことを思った。私はFX歴3年になります。専業トレーダーになりたくて仕方がないのに、実力がついてきていないので、いまだに下積みの身であります。私が自分のことを専業トレーダーと胸を張って言える条件は、トレードだけで生活が成り立つこと。

まずはこれです。いくらあったら生活が成り立つかの条件は、人によって違います。年収600万円を基準にする人もいれば、年収300万円の人もいるでしょう。もっと少なくても生活できる人もいるかもしれません。私の場合は、FXで毎月30万円稼げるようになったら、地味ではありますが、専業トレーダーです!と胸を張って言えます。今は1年で10万円行くかどうかのレベルですが、初心者の頃と比べ、着実に力を伸ばしています。

いつかは専業トレーダーです!と胸を張って言えるレベルまで到達したいと思っています。これが、今の私の目標であり、実力なのです。こんな私から見て、何億稼いで引退したという記事は、何億稼げる実力があることは、とても尊敬します。そうそう出来ることではないと思っています。ところがそこに引退の文字が加わると疑問がわいたり、なんかもったいないと思ってしまいます。自分だったらどうするのかなぁ?なんて考えます。

私ならそれだけ稼いだら、何億のうち、かける資金を100万円だけというように限定していきます。普通の生活を送りながら、資金を限定して、相場を選び、細々とトレードを続けるのです。注意してトレードするわけですが、失敗することだってあるでしょう。そんなとき、100万円だったら、これだけが駄目になるだけで済みます。また再挑戦できるのです。同じ卵は1つの皿に盛るな!という言葉があります。つまりこういうことなのです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ