金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

オーバーシュートの髭は、考え方によってはチャンスだと思う

1月15日、暖冬と言われるのに今年になってから急に寒くなりました。暖房使うのもったいないとは思いますが、冷え性で我慢できないので、暖房をつけてしまいました。テレビもつけて、気楽にドラマを見ながら相場観察を行っています。テレビを観ながらやるのが好きな人なので。

もちろん相場を見るときは真剣にやっていますが、3桁のプラスで寄り付いた日経平均が崩れてきてしまいまして、ちょっと諦めモード。豪ドル円は82円割れを目指すような動き。5分足で発生した陰線が大きいこと。9時40分辺りで普通よりも大きな陰線が出現して、人民元の基準値が発表されると大きな上髭が出て、噴き上げたのは一瞬で、軟調な日経平均が意識されて、下へと進んでいます。髭で噴き上げたところを狙えば、面白いほど利益になっています。

多くのトレーダーにとって、髭で急に噴き上がる相場は困ってしまうと思います。私にとってこのような相場はやはり困ります。でも、下げが強い相場ということをあらかじめ分かっていて、エントリー前に髭を出してオーバーシュートしてくれれば、利益が通常の倍取れるってことです。

だから、使い方によっては万歳。人民元の基準値が発表された時の5分足の上髭は、始値が82.40、安値が82.30、高値が82.55、終値が82.38です。高い位置で持っていれば10PIPS以上取れています。それをもっと持ち続けていれば、82.07まで下がっているので、合計で30PIPSは獲得できています。

もしも1日のトレードでそれくらいの利益を短時間に獲得できたとすれば、非常にラッキーです。うまく噴き上げに乗っかって短時間に利益を出してみたいけど、デモトレードで今まで練習したときも、1回も乗れたことはないですね。エントリーしてすぐに利益が出たのは数えられるぐらい。

あとは、ポジションを長く持たされて損切り。長く持って売れたとかですね。そういえば、きのうデモトレードでやって、トレンドライン割れで売ったら運悪くオーバーシュートの下髭陽線に引っかかってしまいました。すぐに10PIPS以上の損切り。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ