金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

売りポジションをそのままにしていたら戻ってきて利益がなしに

1月12日、現在14時40分。今日はお昼からお客さんが来るということで早めにご飯を済ませたので、午後からは余裕の相場観察です。でもちょっと生活リズムが乱れてしまった感じはある。間食の時間が短い。自分の部屋で相場観察を行っていると、母にいきなりコーヒーと果物を出されて「ありがとう」と受け取ったら、お昼からお客さんがある事を告げられました。

ゆっくりお昼を食べている時間がないかもしれないからちょっとしたものを出してくれたみたいです。その後、集中して観察していると30分ほどでお昼ご飯です。食べてまたすぐに食べてしまいました。思っていたよりゆっくりと食べられました。その後、個人的に体のことを考えてヨーグルトを食べたかったですが、お皿洗いと掃除を優先させることにしました。終わるとすぐに自分の部屋に移動。

お客さんはすぐに来て、1時間ほどで帰られました。相場は前と比べて落ち着いていますが、いつもより部屋を行ったり来たり、食べ物を短い間に詰め込んでいるとなぜか同じ相場を見ても騒がしく感じてしまいます。明らかに錯覚なのが分かります。こんな気持ちのときに相場を見ると、大事なポイントを逃してしまいそうです。それでも落ち着いてみるように心がけました。豪ドル円のことで午前中に注目した三角持ち合いの答えが出ていました。

上抜けしたら買い、下抜けしたら売り。下抜けしていましたので売り。そのときのポジションは20PIPS程利益が乗ったのですが、引っ張ったらまた今日もプラスマイナスゼロ決済となりました。82.10で持ったポジションは82.90まで下がった後上げてきて切れました。その後、再び82円割れです。悔しい。

でも、思っていたよりあまり下がりません。前より激しいリスク回避にならないと思いましたが、これはあまりにも大人しすぎるリスク回避。なんかやりにくいパターンです。そんなことを思っていたら今までより大きな陰線が出てストンと下がりました。ついてないです~。82.15の位置で売りを持っていれば引っかかっていないので悔しいです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ