金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

東京株式市場はお休み でも中国の影響には気が抜けない

1月11日、今日は祝日なので東京株式市場はお休みです。仕事を始めてから祝日になっても子供のころのように、今日は何の日なんだろうと、特に意識はしなくなったんですが、ヤフーの画面で、成人式のニュースを見て、成人式の日なんだとふと思いました。

懐かしい。成人式って一生に一度しかない貴重な日で、一番きれいになれる日だと思います。振袖を着て、髪飾りをして、お化粧をしてもらって、下駄をはいて外出。私の成人式はもう終わってしまいましたが、着物を着た成人たちの姿を見ると、私は大人の階段を上った先輩なんだと思いますし、恥ずかしくないように社会のマナーを守って生活していきたいと気合が入ります。

成人式の振袖を見て勝手にFXの妄想につなげてしまいました。親から借金をして50万円以上する振袖を買って、仕事で返すからね!と約束をする。成人式から約1年後ぐらいに親に内緒で、FX業者に口座を開設してコツコツ稼ぐ。目標は振袖代を返すこと。寝る暇も惜しんで勉強を続けて、約1年で軌道に乗り始める。それから1年トレードして、振袖のお金を稼いで返す。

プラスアルファとして、親にごちそうもする。それはすべてFXで稼いだお金だったらかっこいい♪なんて妄想してしまいました。現実はそんなにかっこよくFXで稼いでいないけど、こんなかっこいい大人になりたいですよ。親を楽にしてあげるのと、自分も楽しんでる姿を見せることが最高の親孝行だと思っています。楽しんでる姿を見せることはクリアしていて、残りは親を楽にするのが課題。

振袖を見てそんなことを考えてしまいました。東京時間午前のクロス円の様子です。明け方は先週のニューヨーク時間の流れを受け継いで円高になりましたが、短期筋の仕掛けみたいで続かずに円安に振れています。だからといって中国株と人民元のことがあるので安心はできません。私はそう思ったし、実際レポートにもそのようなことが書かれていました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ