金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

豪ドル円のトレードで利益がもらえて(´▽`) ホッとした

1月13日、午前中に豪ドル円のトレードをして7PIPSの利益を頂きました。狙ったのは中国の貿易収支が発表されて結果が良かったところで上昇して付けた押し目です。タイミングを計ったのは5分足。ラインを引っ張って、ラインタッチでロングです。利益確定を粘っていません。

理由は、朝からの豪ドル円の値幅を見て40PIPSも上昇していて、さすがに行き過ぎだと思ったからです。昨日のことも含めると、欧州時間に持ち直してから、豪ドル円は買われています。買われすぎのときには短期で行くことにしています。本当は10PIPS狙いたかったのですが、欲張り過ぎは良くないので、3PIPS少ないけど、たったの3PIPS。また別の相場で獲得できればいいと考えています。

利益をもらった後、(´▽`) ホッとしてお湯を沸かして、コーヒーを淹れて飲みました。ちょっとしたごほうび。インスタントとドリップがありますが、早く飲めるようにインスタント。ドリップには勝てませんが、それでもいい香りです。美味しかった♪そして、引き出しを作るために、これからどんな風に動くのか観察しています。

5分足に第1のサポートラインと第2のサポートラインを引いて、第1のサポートラインで跳ね返ることを想像。しかし、割ってしまいました。動きの感じを見ると、三角持ち合いっぽくなっているので、狭い値幅で動いた後、どちらかに行くのではないかと考えました。現在14時54分。もうすぐ東京株式市場が終了します。

中国指標が良くて豪ドル円が買われてから、日経平均よりも豪ドル円の観察に夢中になって、チェックすることを忘れていました。日経平均の推移を振り返っています。朝は+230円で寄り付き、1週間ぶりの回復となりました。それから400円超えの上げになり、+455円で引けました。

日経平均のチャートを見ると1回も始値を下回っていない素晴らしいチャートです。中国の指標を好感して上げるも、午後には落ち着いた値動きになった豪ドル円ですが、今後の動きに注目です。欧州時間ではどう動くのかチェックしたいと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ